電話をかける
   WEB予約

コラム

― COLUMN ―

お口がポカンと開いていませんか?こどもの口呼吸が危ない!

こんにちは。
 
マルキョウ大村松並店 店舗敷地内の歯医者「大村アイランド歯科・矯正歯科」です。
 
 
「うちの子、いつも口がポカンと開いているわ」
 
こんなお悩みはありませんか。
 
鼻で呼吸をせず、日常的に口から呼吸をすることを口呼吸といいます。
 
この口呼吸は、実はお子さまたちにとって深刻な問題といえます。
 
では、口呼吸によって、お子さまにどのような危険が生じるのでしょうか。
 
 

口呼吸の危険性とは

1. むし歯や歯肉炎のリスクが上がる
 
本来あるべき呼吸法の鼻呼吸では、冷たく乾燥した空気を温め、湿った状態にします。
 
ですが、口呼吸では唾液が蒸発して、お口の中を乾燥させてしまいます。
 
唾液には抗菌作用があり、その唾液が少なくなることによってお口の中で細菌が増殖しやすい環境となります。
 
それにより、むし歯や歯肉炎のリスクが上がってしまいます。
 
2. 風邪をひきやすくなる
 
鼻呼吸の際には鼻の中の細かい毛がフィルターのような役割をして、小さなゴミやウイルス、細菌や化学物質などを取り除いてくれます。
 
一方、口呼吸の際にはゴミやウイルスなどが、直接肺に吸い込まれていってしまうのです。
 
それによって風邪やアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、気管支喘息などのリスクが高くなります。
 
3. 歯並びが悪くなる
 
成長期のお子さまが常にお口を開けたままでいると、唇で前歯を抑える力がかからないため出っ歯になりやすいというリスクがあります。
 
また、頬の筋肉、舌の筋肉で内側から歯並びを整える役割もされなくなり、全体的に歯並びが乱れ、かみ合わせも悪くなりやすいのです。
 
お口の周りの筋肉の緩みにより顎が細くなり、歯が入り切らずに凸凹になりやすい傾向にもあります。
 
4. 集中力・学力の低下
 
鼻呼吸をする習慣が途絶えると、鼻がつまりやすくなります。
 
慢性的な鼻閉感は不快感を与え、集中力や学力低下にもつながります。
 
5. 口臭の原因となる
 
口呼吸によるお口の中の細菌増殖により、口臭の原因菌も増加します。
 
そのため、口臭を感じることが多くなります。
 
 

口呼吸の治療法とは

このような口呼吸を改善する方法としてマイオブレース治療という方法があります。
 
マイオブレース治療とは、取り外し可能マウスピース状の器具を用いて、口呼吸などの口腔習癖を正し、顎の発達や歯並びを改善するシステムです。
 
装着時間は日中1時間と就寝時のみなので、食事や会話の際の不快感を感じることがなく、お子さまへの負担を最小限に抑えることができます。
 
歯列不正の根本的な原因に働きかけることによって、長期的に安定した歯科矯正の結果を得られます。
 
大村市の大村アイランド歯科・矯正歯科 院長は、発育を活かした歯並びの改善や口腔習癖へのアドバイスやトレーニングにも力を入れております。
 
お子さまのお口のことで、不安なことなどございましたら、ご相談にいらしてください。
 
ご来院、お待ちしております。

 


TOPへ